【韓国語初級】独学勉強法!時間がない人の為の「はじめの一歩」

【韓国語初級】独学勉強法!時間がない人の為の「はじめの一歩」 韓国語
スポンサーリンク

この記事に目を止めて頂き有難うございます!

まず、簡単に私の韓国語の経歴をお話させて頂きます。

私は大学の第二外国語の選択で初めて韓国語を学び、当初は赤点&追試でした。(笑)

そんな私が独学1か月でハングル検定3級を取得し、

その後独学を続け単身留学した際のクラス分けは1人だけ上級クラスでした。

1か月後、帰国して初めて受けたTOPIKでは4級を取得し、現在は6級を目指しています。

本音を言うともっと集中して勉強したいところですが、仕事・育児・家事に追われているのも事実です。

このように、勉強したいけど、時間がなかなか取れない!

と思っている方は沢山いらっしゃるのではないでしょうか?

韓国語を話せるようになりたい。勉強したい。と思っても日々の仕事や育児や学校の勉強、部活でなかなか

はじめられない方も多くいるのではと思います。

本日は、そんな時間がない人のための韓国語の始め方をご紹介していきたいと思います☺♡

参考になれば嬉しいです*

ハングルの仕組みを知ろう!

韓国語=ハングルを読むことは実はとっても簡単。

仕組みを理解し覚えれば1日で読めるようになります。

仕組みって??

 

仕組みとは・・ハングルはローマ字と同じく文字の組み合わせでできています。

母音と子音の組み合わせてできているのでそこさえ覚えれば全部読めます

ちなみにハングル文字の種類は24文字と言われています。

日本語はひらがな・カタカナ・漢字を覚えなければいけないので、日本語よりも簡単なんです!

なんかできる気がしてきたぞ!

 

では早速見てみましょう☺

まずは日本語のあ・い・う・え・おに当たる母音を覚えましょう*

これを分解すると・・「O+ㅏ」「O+ㅣ」「O+ㅜ」「O+ㅔ」「O+ㅗ」という組み合わせで

できていることがわかります。

ハングルはこの母音を軸に「O」の部分にか行~の文字を組み合わせて作られています。

ローマ字でいうと、「a,i,u,e,o」を元に「ka,ki,ku,ke,ko」となりますよね?

これと同じくハングルでは「ㄱ」=か行 これを当てはめると・・「가,기,구,게,고」となります。

細かい注意点や補足もありますが、ひとまず最初はこの法則に則って全部覚えちゃいましょう!

ということで、ババンと一覧表を載せますね!

先ほど、【ローマ字の組み合わせと同じ】と言いましたが、この一覧表を見て頂くと法則性が見えてきませんか?

まずはこの表を完璧にしましょう!これができれば第一ステージクリアです◎

自分の名前を書いてみよう*

では、先ほどの一覧表を用いて、自分の名前を作ってみましょう☺

例えば私なら・・「hinata」なので、は行・な行・た行を確認すると・・「히나타」となります!

なんで「다」じゃなくて「타」なの?違いは何??

と思った方はさすがです!!!

上記の一覧表の中で「か行」と「た行」には2文字ありますよね?

これは、文頭以外で使う時は後者の文字↓を使います。

かきくけこ→[카 키 쿠 케 코]     たちつてと→ [타 치 츠 테 토]

では!上記を用いて色々と固有名詞を変換してみましょう☺♡

 

・とうきょう→【      】 ・おおさか→【       】
・たろう→【        】 ・はなこ→【        】
回答*
・とうきょう→【 토코   】 ・おおさか→【 오사카     】
・たろう→【  다로      】 ・はなこ→【   하나코     】
出来ましたか??
問題を解いていてむむ?と思った点もあったかと思います。
ここでポイントをお伝えしますね*
*後ろの母音は変換しない。例)とうきょう→【토코】と+きょ
*母音+母音は頭の母音のみを記載。例)おおさか→【오사카】お+さ+か
*か行・た行が先頭の時は表の前者。例)たろう→【다로】た+ろ
*か行・た行が文中の時は表の後者。例)はなこ→【하나코】は+な+こ
とこのようなルールになっています!

日本語の名前・名称変換時のルールまとめ

ここまで表を用いて、①ハングルの読み方②固有名詞の変換 をやってきましたが、

補足でルールがありますので以下にまとめておきたいと思います☺

①伸ばす音がない!(ハングルには「ー」の音がありません!)
例)チーズ →【치즈】ち+ず 発音も「ちず」(実際はちじゅと発音するネイティブが多い)

②「ん」や「っ」を書くときはパッチムを使う!

パッチム・・日本語で「支える」母音と子音を支える語と覚えましょう!

例)ハングル→【한굴】は+ん 하+ ぐ+る 구+

母音+子音+パッチムで作られていることがわかりますよね?

 

例)ほっかいどう→【홋카이도】ほっ+か+い+ど となります。「ㅅ」=「っ」ですね!
パッチムの種類には他に・・
ㄴ(n)
ㅇ(ng)
ㅁ(m)
ㅂ/ㅍ(p)
ㄷ/ㅌ/ㅅ/ㅆ/ㅈ/ㅊ/ㅎ(t)
ㄱ/ㅋ/ㄲ(k)
ㄹ(l)
があります。また二つ重ねて使うものもありますが、今回は省略します。

はじめの一歩①まとめ

step1*韓国語のあいうえお表(反切表)を完璧に読めるようにすること。
→これだけで韓国語7,8割読めるようになります。
残りはパッチムについての記事でご説明しようと思います☺(近日公開予定)
step2*ハングルの組み合わせを理解する。
→読み書きができるようになります!これから学習する韓国語の最大の基礎になりますので、
この点は必ず押さえてくださいね*

以上が韓国語はじめの一歩①です☺*

例)本→ほん 혼 × 책 〇(チェグ) と言うようにすべてが変換できるものではないので注意です。今回はあくまで日本語の名前地名などの固有名詞を変換する際のやり方を学びつつ韓国語の読み方しくみを理解しようというのが目的です◎

いかがでしたか?韓国語は日本人にとって取り組みやすい語学だと思います。

仕組みと文法、単語さえ覚えてしまえば日常会話は簡単ですよ◎

これから一緒に勉強していきましょう☺*!

수고했습니다*(スゴヘッスムニダ:お疲れ様でした)

hinata..☺♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました